2017年 10月 03日 ( 1 )

神戸・岩茶荘の眼診

目の状態から体がどうなっているかを判断する、眼診と言うのを受けてきました。
d0367751_12572337.jpg

眼診とはなんぞや?
d0367751_12572523.jpg

へええー。
スクールもあります。
d0367751_12590354.jpg


ちょっと可愛いクマゴロウみたいなおっちゃんが診てくれます。

人は胎児の時から蓄えられた濃厚な「先天の氣」と、生まれてから食べ物などで補う薄い「後天の氣」があるそうです。

先天の氣は、最初にある量から減っていく一方で、氣を減らす原因は
・大きな病気やケガ
ストレス
だそうです。

なんか、ストレスをむっちゃ強調されて言われましたよ(-_-;)

先天の氣を使い果たしたら、はい終了~ですって。

後天の氣はそれを補うために自分で作り出します。
・何かを見たり感じたりして感動する
・食べ物から作り出す
そのためには、胃袋など消化器官が元気じゃないといけない。
胃袋から食べ物の氣を吸収して、小腸を通って脾臓に収まるんだそうです。
何をしてるか、肺や心臓ほどメジャーじゃないけど、重要な器官なんですね。
脾臓の氣は横隔膜に収まり、腎臓で精氣になり、体をめぐり、後天の氣になるそう。

d0367751_12572639.jpg

わたしは黄色さんチームのお茶をすすめられました。

基本健康で、先天の氣の多いタイプですが、ものすごいストレスで先天の氣が極端に減っているとの事。


そしてこれだけはしない方がいいと言われたのが事務仕事!
できなくはないけど、本当に向いてませんって・・・

勉強するのはキライだけど、好きなことはとことん勉強できるタイプって。
(なんでわかる!?)

無償で働くのがイヤで、有償のやりがいが欲しいタイプだそうです。
そりゃ、タダ働きはイヤですが?
その有償というのは、お金よりも仕事をしたことに対して「ありがとう」という言葉を欲するタイプですって。

25年経理事務をして、5月に辞めたところですって言うと、本当にそれは良い決断でしたね、命拾いしましたね、って。

経理は正確にやって当たり前。
なので出来上がった仕事にたいして、当然でしょ、がメインで、やってくれてありがとうはあまりない業種ですね。

あーーー。

このままここでこの仕事を続けたら病気になる、とある日突然思ったのは、間違いじゃなかったんですね。

それで整体のお仕事をスタートさせました。と言うと、エネルギーが多いタイプなのと、手から氣が出やすいので、整体はすごくぴったりな仕事ですって。

鍼灸師にならなくていいけど、針のツボを知るのと、薬膳の知識をつけると良いですね、と。

診断のあと、お茶をいただきました。
小さなお茶セットが出て来て、お茶の入れ方飲み方を教えてもらえます。
d0367751_12572860.jpg

サンザシ、カボチャの種、甘い乾燥梅がついていました。

が!
月餅の季節です。
中国では月餅券が商品券のように贈られると聞いたことがあります。その有名な月餅を食べいでかー

d0367751_12572943.jpg

ってことで、月餅追加。

これ、むちゃくちゃ甘いお菓子だったんですね。お茶が進む進む。

ここまでで、3千円(月餅含まず)です。
眼診は予約が必須です。
眼診にはお茶をするか、ランチを食べるか、お茶を購入(5千円ほど)するか、どれかと抱き合わせ販売(?)です。

お茶を飲んで美味しければ、50グラム入りが一割引で購入できますし、月餅やパイナップルケーキや茶器のセットも購入できます。

不調があれば併設の漢方薬局で、体調にあった漢方薬を処方してもらえます。

お昼時でしたが、べつの目的があったのでお茶(月餅含む)だけにしました。

月餅のたたずまいがかわいいなぁ。
作ってみたい✨

そんな眼診なのでした。






[PR]

by rewind-biryu | 2017-10-03 12:09 | Trackback | Comments(0)