2017年 10月 06日 ( 1 )

鼻毛考

若い頃は、鼻毛が(あまり)外に出て来ないのですが、なぜかオッサンは鼻毛が出て来がちになります。

なんでかな~と思ってたら、鼻の施術の時に今津先生が
「きゅぅーっとして、鼻毛の向きが(出口に向いてるのが)まっすぐな位置に揃ったら」・・・

ん?

いろいろと突っ込みどころがありますね?

はーい!先生ー!
鼻の中の鼻毛は、私たちには見えてませーん!それは目で見てないですよね?
「えへへぇ~✨、そうだね~❤️」(スルー)
「でね、まっすぐに毛がそろったら、アレルギーも軽減しちゃうの❤️」

んー。
出口に向いてるのは老化ですね?
と言うことはまっすぐに揃っているのが、良い毛並みということですね。

たぶん、若い頃はこんな向きに生えていて、鼻穴から毛が見えることはないのですね。
d0367751_21430095.jpg

[仮説]
歳をとって皮膚が下に下がると、鼻の中の皮膚も引っ張られます。そうすると毛並みが下向きになっちゃうのでは?
(赤のラインは弛む(老化の)方向です)
d0367751_21430104.jpg

その結果、鼻穴から毛がちろり~ん。

人によっては、ちょいちょいっと指を突っ込んで、毛をしまってあげたくなりますが、なかには
「ジャングルやろー!突っ込んだら絡みつくやろっ、危険地帯やでそれっ!!」
な、突っ込むのをためらう穴もあります。

花粉は、毛の向きによって長期滞在したりブロックになったり。

髪の毛の太さは0.06~0.08ミリ
鼻毛はもっと細いです。(わたしの場合)
花粉は0.03~0.04ミリ。


d0367751_21430332.jpg

図の左側
まっすぐに生えていると、花粉を鼻毛がブロックします。花粉が出ていくのも容易。

図の右側
出口に向かって生えていると、毛先の細くなったところに、花粉がすぽんっ、と刺さります。
なかなか取れないので、くしゃみしたり鼻水で洗い流そうとしたりするのが、アレルギー反応。

じゃあ鼻の向きを整えて、アレルギーが出ないようにしちゃいましょう!
というのがリワインドセラピーの考え方です。

鼻筋が通り、目頭が開き、呼吸がしやすい、団子鼻もスッキリし、なんといっても鼻毛が出ない鼻をリワインドセラピーで作ってみませんか~❤️



たぶんアピールポイント、間違ってますよね・・・(-_-;)




[PR]

by rewind-biryu | 2017-10-06 21:04 | Trackback | Comments(0)