同じ「ぐねっ!」なのに・・・

d0367751_17105444.jpg

同じように足首を「ぐねっ!」っとしても、大人と子供ではケガの具合が違います。


それはなぜか。


子供は手足がねじれていないので、関節が自由に動き(可動域が広いので)ぐねっとしてもケガをしません。

大人は手足がねじれていて、もうちょっとでねじれからくる痛みがでる状態(な人が多いです)からぐねっ!が、もう一歩の後押しとなるので、ケガにつながってしまいます。


手足がねじれたらねじれただけ、ケガをしやすくなります。

手足が片寄ってねじれると、顔まで片寄ってねじれます。それを合宿中に思い知りました。何が起こったかは次のブログで紹介しますね。

手足のねじれが気になる方、なんだか数年前と比べてつまずきやすくなった方、そんな方はリワインドセラピーでねじれをとって、快適な体になってみませんか?

画伯の画力が足りないので、補足。
真っ直ぐな状態と
d0367751_00060752.jpg

下の写真は「カマ足」って言われるんだけど、曲がったらいけない方向の足首がこれなのよ~。
足首も膝もねじれちゃうわね。
急激に力が掛かってこの足の状態になったら、捻挫よ、ね・ん・ざっ。
d0367751_00061098.jpg


カマ足からカマってしまったわ。

d0367751_20452990.jpg

これもねんざの方向ね。
[PR]

by rewind-biryu | 2017-12-25 10:40 | 体の使い方 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : https://rewindbiryu.exblog.jp/tb/26266825
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]