きれい・ねっと感謝祭

姫路に「きれい・ねっと」さんという、ちょっと変わった出版社があります。
自分が手をかけた本が、流通に乗っけられてぞんざいに扱われるのが悲しい、ということで独自の流通をさせている、人も本も、もっといえば世の中を大事にしている出版社です。

そんなきれい・ねっとさんの去年のイベント「きれい・ねっと感謝祭」に、今津先生と三浦先生が登壇する、という理で京都まで講演を見に行ったら、社長の山内尚子さんが舞台で朗読をしていました。
しかもすっごい泣きながら。
こんなに泣きながら、きっちりしゃべるその技に度肝を抜かれながらも、山内さんの語る言葉のひとつひとつが、とっても心に沁み入りました。

壮絶な人生を乗り越えて強く輝いている人って、心を惹かれます。
もっとお話が聞きたいな~と思っていたら「なおちゃん流・超進化論」という講座が始まりますよ、というのを聞きつけ速攻で申し込みました。

タイトルが「なおちゃん」だし、なんか「超」がついてるし、なんだか普通じゃないかもな、と。

内容も
9月(第1回) 今という時代の実相私たちが生きている今という時代はどういう状況に在るのか。人類の歴史を辿りながら、その実相を捉えるとともに、この講座の目指すビジョンをお知らせします。

10月(第2回) クリーニングと悟り私という存在はなぜ、なんのために生まれたのか。
自分の立ち位置をしっかりと確かめながら生きること、そして死んでいくことの本質、さらに幸せとは何かという永遠の命題に迫ります。

11月(第3回) 対立から共存、さらに統合へ「私=あなた」分かっていても難しいのが、私とは違う「あなた」という存在とのコミュニケーション。
エネルギーの交流という観点も交えながら、親子、男女、様々なコミュニケーションの本質を探ります。

12月(第4回) 神さまと信仰、そして宇宙私たちを見守る様々な見えない存在たち。
内なる神性との出逢いを意図しつつ、スピリチュアルブームの中にあって混沌としている、宇宙に広がる次元の構造と、真実の信仰を深めます。

1月(第5回) 私たちのいのちを支えるもの超高齢時代が始まったいま、私たちのいのちを支える、洋の東西を問わず食・そして医療等の今後が問われています。
身近なところから農業やフリーエネルギー、政治経済を含む様々な問題、世に言う陰謀論にまで斬り込みます。

2月(第6回) シンギュラリティと超進化論私たちは未来をどのように創っていくのか。
進化を超える進化とはなんなのか。
経験則による予測ができない時代が始まったいま、支配を卒業し、未来を創っていくのは誰でもない私たちです。

と、ちょっと怪しげ?とも思われるお題目ですが、超マジメな内容でした。

結果から言いますと、参加して良かった!
おもしろすぎて、なおちゃんワールドにとっぷり漬かってしまいました。

この世の中の仕組みで、知らないことがたくさんあるんだなー、と思いました。
知ってるのと知らないのとでは、全く人生が変わってしまうな、と思います。

そんな、なおちゃんがみんなを集めてお祭り騒ぎをしましょうよ!楽しむエネルギーがひとつに集まると、もっともっと楽しいよ!!
というお祭りが
d0367751_10530725.jpg

「きれい・ねっと感謝祭」です。
ちっちゃいけど大きななおちゃんにふれ合える機会ですよ~!

今年は3月21日に開催されます。

わたしは美調正ブースにいて、やって来た人の腕をねじってたり、メガネをきれいにしていたりすると思います。

ご興味がある方は、前売りチケットがあと数枚ありますので、よろしければどうぞ~(^_^)
[PR]

by rewind-biryu | 2018-03-01 10:25 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : https://rewindbiryu.exblog.jp/tb/26529016
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]