リュウマチとリワインドセラピー

リュウマチのお客さまの手です。
d0367751_01064183.jpg

リュウマチは手首足首の強ばりがあったり、関節が炎症を起こし痛みがあるなどの症状があります。
自由に手足が動かないと、日常生活に支障がでます。

なんとか楽に動くようにならないもんか、と思い全身のリワインドセラピーをしました。

普通のひとなら、心地よいと感じる程度のねじりかえしでも
「いたたたたたーーー」
足のねじれ、腕のねじれが年齢よりも激しいです。
顔を横に向けるのも、一苦労。

え?車の運転をしてるはずなのに、そこまでしか曲がらんかったら、運転しにくくない?
と思うくらい首が曲がらない。
「子供の学費と部活で、ほんま首が回らへんねん!」
(いや、ギャグ言うてる場合とちゃうで💦)
リワインドでの変化が、予想したよりも感じられないのがひっかかります。

心が落ち込む事をや、イヤな事を言われた翌日、決まって腫れがひどくなるそうですが、それって心の問題が体に表れてるんではないのですか?

痛みを出して
「もうこの環境を変えようよー、いつになったら気がついてくれるの?」
って体が伝えています。



いま、大学で臨床心理を教えている心のプロのNさまが、リワインドセラピーを受けに来られていまして、いろいろとお話をしているうちに

心の問題で体が動きにくい場合、先に心理セッションで心をゆるめてからリワインドセラピーをすると効果的。

逆に、体がガチガチすぎて心理セッションの進み具合が遅い場合は、先にリワインドセラピーで体を緩めてしまうと、心理セッションの結果が出やすくなる。


だったら、心理とリワインドセラピーがタッグを組んだら最強じゃない?
という結論に至りました。


わたしは、Nさまに心理セッションをお願いして、すでに10回近く受けているのですが、6回目を過ぎたあたりからの、自分の内面の変化とエネルギーの変化がすごいです。
外せるだけのブロックを片っ端から外し、考え方のクセを修正され、結果リワインドセラピーが変わったという実感があります。

もし、リワインドセラピーであまり効果が感じられず、自分は心の問題があるから体が反応してるんじゃないか?と思う場合は、Nさまセッションを受けられる事をおすすめいたします。

その場合は美琉サロンにて、Nさまのリワインドセラピー枠の前にセッション枠を取ることが可能です。
(わたしは飲み物を整えたら、席を外してます)

心も体も整えたい場合は、両方とも受けてみるという手もありまーす✨





[PR]

by rewind-biryu | 2018-05-27 00:23 | リワインドセラピー | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : https://rewindbiryu.exblog.jp/tb/26828126
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]