「瀬織津姫のお話会の語り手(講師)について」

わたしのブログで「N様」とされる謎の人物が登場します。
Nさまセッションを受けて10回目。
使えるのに、その事をすっかり忘れていた事を思い出しました。

変な事を言いますよ。。。

それは、作った食べ物にその人用のオーダーメイドエネルギーを入れると言うこと!

金運アップのエネルギーをジャムに入れる時は、食べる人によって方法を変えます。例えば無駄遣いが減る、商売繁盛して、良いアイデアを、出世して、などで金運アップのエネルギーを入れます。

なんなら、リワインドセラピー希望の方に、オーダーメイドエネルギーの入ったジャムが付くコースを用意したらどう?などと提案していただきました。
(いいなぁ、それ)

そんな事ができてしまう、理論的スピリチュアル人物のNさまについてのご紹介です。
d0367751_16493354.jpg

太字
大学教員歴 約20年、心理臨床歴 約30年、これまで13,000時間以上の心理面接を担当してきた臨床心理士(*)。
つまり、臨床心理学、心理療法、心理カウンセリングの専門家。
心のプロが、なぜ瀬織津姫についてお話ができるのかを聞いてみました。


Nさまによると

「5年ほど前、急に瀬織津姫について気になりだし、しかも、それが半端ないレベルだったので・・・」

“  これだけ気になるなら、気が済むまで調べるしかない ” 

と「人文系の文献研究」の手法をとりながら、ヒミツ(←ご本人にお会いしたら分かります)の手法も併せて、眠る間も惜しくて仕方ない状態に陥りながら(「調べてる時はね、ほんと倒れそうになるくらい身体がキツかった・・・(遠い目)」Nさま談 ←だからリワインドセラピーに出会ってしまったんですけど❤️)足掛け4年ほど調べまくる。

( その間は「専門は何だったっけ?文化学?宗教学?人類学?民俗学?という状態だった」とのこと。 )


ようやく、ひとまとまりが見え、

“ そういうことだったのか・・・” 

となったところで、ひとまず一段落。
今回は、その中の 「時間内で話せる範囲を、参加された方のニーズにもできるだけ応えながら話す予定です」とのこと。

(*)臨床心理士
日本では心理カウンセリングや心理療法に関して法的規制がない状態だが、欧米では、それらはクライエントの精神的生命に関わる業務とみなされ、国家資格化されている。
それに鑑み、日本で唯一、「欧米の国家資格レベルの専門性を担保する」目的で制定された心理の専門資格。
( 現在、有資格者は全国で約 30,000人いるものの「その存在を ほとんど知られていない残念な状況」とのこと)

Nさまいわく

「リワインドセラピーも、心理臨床家のしごとも、薬や手術を使わないで、クライエントさんに より健康になっていってもらう手法である点、何らかの意図で、これらの手法が “ 真っ当な扱いをされない” 状況がつくられている点 (法律のあり方など)が、 共通しているな〜と思っています」



[PR]

by rewind-biryu | 2018-07-29 10:16 | ちょいスピ | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : https://rewindbiryu.exblog.jp/tb/26915307
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]