ゲル状宇宙人だった夢

スーパーセブンをつけて眠ると、フルカラーでいろんな夢を見ます。

そんな夢のお話。



地球ができて少したったころ、まだ地上には緑がありませんでした。

緑はどうやって地球で増えていったのか。

実は緑は、すべて、ほかの星からやってきたものなんです。

地球が

「緑を植えてくれるとありがたいなぁ」

と、メッセージを発信していたので、

それをキャッチしたわたしは、自分の家族といってもいいくらい、

大事に大事にしていた植物を、地球に連れてやってきました。

d0367751_19470165.png

ちなみにわたし、半透明のゲル宇宙人です。

(ゲルってーーーー)

ほかにもいろんな植物が連れてこられ始めた時代です。

その頃は人間がいなくて、地球は出来立ての無垢な波動だったのですが

植物がいろんな星から連れてこられ、動物がやってきて、

最後に人間がやってきてしばらくたった時

あれれ?って思っていました。

最初のうちは、人と植物、人と動物、人と人とのつながりは

ちゃんとありました。

そんなに低い波動じゃありません。

長い年月が経っていくうちに、人と植物や動物とのつながりが消えて

だんだんと地球が粗い波動に代わっていき、

人が世界を支配しだしたころから、地球の要請に応じて連れてきた

大事な植物を、こんな粗い波動の地球に置いていてもいいんだろうか、

ソテツちゃんは辛くないんだろうかと悩むようになりました。

悩んでいるうちに、月日が過ぎ、元いた星に帰る時がやってきました。

いいんだろうか、いいんだろうかと悩みながら

大事な植物を置いてきてしまったんです。

それから、ずっとずっと後悔の念が続いていました。

d0367751_19464411.png

ゲル状宇宙人=わたしだったので、

大丈夫!地球に残してきたソテツは元気で、何万年たっても

人を癒し続けているよ!!

地球も緑を連れてきてくれて喜んでいるよ!!

というのを伝えたら(テレパシー?)とっても安心して、

なーんや、心配せんでもよかったー

と、あんなに深刻になってたくせに、むっちゃ能天気になってました。

まあ、それで良かったのかな。

・・・そんな、夢。


[PR]

by rewind-biryu | 2018-08-04 00:35 | 日常 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : https://rewindbiryu.exblog.jp/tb/27024976
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]