ダンス初心者への指導って難しいですよね

ふんどしダンサーの検索をしていて思いついたのですが・・・


ダンス初心者やきちっと指導がされていない場合、腕を上げた時に
「肩が上がってる!下げて!!」
と注意されることがあります。
でも何の事か理解できていない場合があります。

下げてと言っている側も、どの筋肉がどこにあって、どの骨がどこにあるのが正しいか、きっちり言語化できてない場合があります。

一番分かりやすいのは、鎖骨!

密かな人気のこのモデル。
毛を描くのが面倒やからとちゃうでー
分かりやすいからやでー

d0367751_21532272.jpg


鎖骨の位置を意識して腕を上げると、こんな感じです。
d0367751_21532458.jpg

鎖骨の位置は水平をキープ
肩甲骨を下に引き下げる
僧帽筋を中心に寄せて引き下げる
肋骨が開かない
そんなイメージが必要です。


注意される時は
d0367751_21532664.jpg

鎖骨が斜めに上がり、肋骨も広がっています。


ただ、理屈がわかったとしても、そのように動かすには肩関節が固まっていたり、肩甲骨の位置が正しくなかったりで、正しい動きが出来ない場合があります。

そんな時はまず
リワインドセラピー
で動く体を作ってみませんか?


それにつながるんかーい(笑)

いや、マジで肩甲骨が動くようになるからなんで👍
[PR]

# by rewind-biryu | 2018-05-28 21:34 | Trackback | Comments(2)

リュウマチとリワインドセラピー

リュウマチのお客さまの手です。
d0367751_01064183.jpg

リュウマチは手首足首の強ばりがあったり、関節が炎症を起こし痛みがあるなどの症状があります。
自由に手足が動かないと、日常生活に支障がでます。

なんとか楽に動くようにならないもんか、と思い全身のリワインドセラピーをしました。

普通のひとなら、心地よいと感じる程度のねじりかえしでも
「いたたたたたーーー」
足のねじれ、腕のねじれが年齢よりも激しいです。
顔を横に向けるのも、一苦労。

え?車の運転をしてるはずなのに、そこまでしか曲がらんかったら、運転しにくくない?
と思うくらい首が曲がらない。
「子供の学費と部活で、ほんま首が回らへんねん!」
(いや、ギャグ言うてる場合とちゃうで💦)
リワインドでの変化が、予想したよりも感じられないのがひっかかります。

心が落ち込む事をや、イヤな事を言われた翌日、決まって腫れがひどくなるそうですが、それって心の問題が体に表れてるんではないのですか?

痛みを出して
「もうこの環境を変えようよー、いつになったら気がついてくれるの?」
って体が伝えています。



いま、大学で臨床心理を教えている心のプロのNさまが、リワインドセラピーを受けに来られていまして、いろいろとお話をしているうちに

心の問題で体が動きにくい場合、先に心理セッションで心をゆるめてからリワインドセラピーをすると効果的。

逆に、体がガチガチすぎて心理セッションの進み具合が遅い場合は、先にリワインドセラピーで体を緩めてしまうと、心理セッションの結果が出やすくなる。


だったら、心理とリワインドセラピーがタッグを組んだら最強じゃない?
という結論に至りました。


わたしは、Nさまに心理セッションをお願いして、すでに10回近く受けているのですが、6回目を過ぎたあたりからの、自分の内面の変化とエネルギーの変化がすごいです。
外せるだけのブロックを片っ端から外し、考え方のクセを修正され、結果リワインドセラピーが変わったという実感があります。

もし、リワインドセラピーであまり効果が感じられず、自分は心の問題があるから体が反応してるんじゃないか?と思う場合は、Nさまセッションを受けられる事をおすすめいたします。

その場合は美琉サロンにて、Nさまのリワインドセラピー枠の前にセッション枠を取ることが可能です。
(わたしは飲み物を整えたら、席を外してます)

心も体も整えたい場合は、両方とも受けてみるという手もありまーす✨





[PR]

# by rewind-biryu | 2018-05-27 00:23 | リワインドセラピー | Trackback | Comments(0)

尿もれ問題

d0367751_14213862.jpg

最近、色んなところで「ニョウモレ」というキーワードを聞きます。上の写真はタソガレですが。

ある日突然はじまって、え!?ってなるようで・・・
そうならないように、インナーマッスルを鍛えておこうと思いました。

そもそも、なんで尿もれするのかな?

・加齢により筋肉が弱った
・内臓が下がってきて膀胱のスペースが圧迫されている
・恥骨が老化方向に引っ張られてオシッコの出口がしまりにくい
・膀胱のイッパイニナッタデセンサーに狂いが出てきた

そんなところでしょうか。
じゃあどうしたらいいのかというと
・骨盤底筋を鍛える
・尿もれ対策パンツをはく
・レーザー治療(?)
などがあるようです。
骨盤底筋ったって、そもそもどこをトレーニングしたらええのかよくわかんないですし、尿もれパンツなんて外出がさらにユウウツになりそうだし、レーザー治療って!?と二の足やら二の腕を踏みそうな感じです。

では、リワインドセラピー的に尿もれを解消する場合はどうしたらええんでしょか。
今津先生に聞いてみたら
「そんなのかんた~ん❤️」
だそうです。

恥骨が老化方向に引っ張られて広がってしまったのを、ギュギューっと戻す技
(オシッコのしぶきが、一本になるやつですね)があります。
そして内臓を引き上げて(おへそが若い頃の位置にかわります❤️)膀胱の圧迫を減らします。

これだけで大幅に体感が変わります。
尿もれが気になってきた方は、リワインドセラピーで股間を若返らせましょ~
\(^o^)/
股間を若返らせるて、ちと表現に問題ありなような・・・
でも、感覚が変わるのは間違いないです❤️










[PR]

# by rewind-biryu | 2018-05-26 09:22 | リワインドセラピー | Trackback | Comments(0)

准リワインドセラピストスクールをおすすめする時

d0367751_14243263.jpg

お客さまから
「子どもでも、リワインドセラピーを受けることはできますか?」
とご相談を受けました。
ご本人の希望があれば、もちろん可能です✨

自閉症なので、それが少しでも良くなればと思って・・・

と言うことでした。

リワインドセラピーを受けられる方は、自ら希望してリワインドセラピーを受けたいと思ってくれていることが条件です。

たとえば、娘さんが「うちの母(87歳)に受けてもらったら、快適な体になって、元気に動けるようになるかも!」とリワインドセラピーをお申し込みいただいても、ご本人が望んでいなければ結果を出すことができません。
ねじり返して効くわけがないだろう、と思っている場合は、望む効果が得られません。

このご相談者の場合は、お母さん本人がリワインドセラピーをお子さんにすると、わたしがするよりも何倍も効果を発揮します。
(今津先生いわく、お母さんがしてあげるのが一番効くからね~)


それでなくてもお母さんは子どもへのヒーリング能力が高いです。
なでてもらっただけでも、お腹の痛いのが治まったり、自然と癒されているんです。
そこに、リワインドセラピーの技術が加われば、目に見えて効果が感じられるはず!
なによりも、リワインドセラピーで毎日のスキンシップができるんです。
これってすごいことだと思います!


准リワインドセラピストスクールのご希望がありましたら、日程はご都合の良い日で設定させていただきますので、遠慮なくご相談ください✨








[PR]

# by rewind-biryu | 2018-05-17 00:20 | リワインドセラピー | Trackback | Comments(0)

【セルフケア】おっぱいぷるんになるブラジャーのつけかた

こんにちは!
リワインド画伯の貴子よ❤️
(おかママのところにお邪魔してたから、お姉さましゃべりがうつって、逆に上品になってしまったわ)

みなさま、ご存じですか?
ブラジャーのつけかたによって、おっぱいに滞りができたり、おっぱいぷるんになったりします。

一般的に言われている
「ワキからお肉を、もっと言うと腕からも持ってきて、背中の肉を全部ワキに持ってきてカップに入れて!!」
というあれは
乳の老化ーーー
しこりを作ったり、硬いおっぱいになったりします。


背中から脇から一生懸命集めたお肉。
しばらくたったら、元の場所に逃げてますよね。
それは本来、そんな風に連れてこられるものではないから。
連れてくるルートは別のところ!!
それはセルフケアでは無理なので、リワインドセラピーセッションで連れていきます。
まかしといて!!


では、どうやってブラジャーをつけるのか。
d0367751_10074821.jpg

胸の中心からカップと乳の間に手を入れます。
右乳は右手で、左乳は左手で。
(わたしは両手で同時に入れてます)
乳の底辺中心部分に指を沿わせ、赤い線の通りに手を引き出すと、ぷるんと谷間が出来てまーす。
乳の底辺中心を越えてワキ側に行くと、それは老化なのでお気をつけください。


よく分からないでしょうから動画を・・・


載せるわけないわよ~(笑)


セルフケアセミナーやリワインドセラピーセッションの時に実演しますので、気になる方は聞いてみてください(^_^)

[PR]

# by rewind-biryu | 2018-05-10 10:03 | セルフケア | Trackback | Comments(0)